ジャズダンスって、あんなこと!

いづみJAZZDANCEクラスの案内及び、80年代にダンスにハマった元オヤジギャルが紡ぐ、現役ダンサー時代の経験談・失敗談のいろいろ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だから、、、


震災から3年たった2014年の記事を再掲載させていただきます。
5年たったいまはどうでしょうか?》

今だから思い出せることがあります。

震災の前、ここ岩手はどんなだったでしょうか。


やはり、人口流出が激しく、若い人がどんどん都会へ出ていく。

残るのは18歳以下の高校生までの子どもと(モチロン少子化)

親世代・祖父母世代・曾祖父母世代。

震災があってもなくても、同じ傾向だったんですよね。


地震があってすぐ、ワタクシは少し期待しました。

ちょっとワクワクとした気分だったのも否めません。

「これで何かが変わるかもしれない!!!」という期待です。

日本の人口地図を書き換えるような変化が起きるのではないか。


「復旧」ではなんの意味もない、すぐさま復興、いやいや変身というか

町ごと生まれ変わる気組みでいけば、すごいことができるのではないか。


しかし、被害の規模の大きさになす術がなく、被害の種類もさまざまで、

途方にくれて右往左往しているうちに丸三年。


3年という月日は、震災のあった年に
中学に入学した子どもたち、高校に入学した子どもたちが卒業する春です。

被災し、困難な時期を強く歩み続けた子どもたちに賛辞を。
彼らの前途が輝くものであることを願います。

そして彼らこそが、被災地をしょって立ち、ふるさとを再生する原動力になることを

強く願って止みません。

どうぞ日本中の人々が彼らの亡くなった母となり、父となり見守ってください。

6bd523b653afe497e187b4520158db42_s_201510061445127cc.jpg
スポンサーサイト
関連記事

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

古い友人を忘れていたことを思い出せ!

体験会の記事が新聞に出たら

懐かしい方々からご連絡を頂きました。

十年、いや数十年単位で会ってない、連絡が途絶えていた方も。

うれしいものですね。特に震災以来。

ここ岩手は津波被害が甚大でしたが、
実は、内陸はほとんど無事。

停電はしました。電車もとまり、ガソリンはなく
買いだめの行列ができ、余震におびえる日日でしたが

そんなことは、こんなに文明が発達していなかった頃のことを
思えばへっちゃらで、寒ければもっと着ればいい、車が使えなければ
歩けばいい、冷蔵庫が止まったものですから、中の食材を悪くする前に
食べようと思い、電気が戻るまでの数日間ずーーーっとストーブで
料理してましたよ、私。あったかいカレーやおでんやミートソース。


そんな不便よりもっとやっかいだったのは実は。

被災地に近いのに何にも行動を起こせないフラストレーション
自己嫌悪、焦燥感、頭越しに飛び交う情報の膨大さに打ちひしがれ、
涙し、怒り、文句をいい、また自己嫌悪、、のサイクルです。

2011年はそんなことですぎ、2012年、周りで年寄りが体調不良、
精神的疲れから来る病気やら、不安症やら認知症がぐんっと進んでしまい
通院・入院・転院・ホームへの入居・転居などなど、その対応に追われた
1年でした。

今年(2013年)になってやっと『何かしなくちゃ』という焦りではなく
『自分にできることやっていこう』と前向きになれました。

そしてふと頭をよぎったのがタイトルの言葉
『昔の友人を忘れていたことを思い出そう』
蛍の光の原曲(スコットランドの民謡らしいです)

詳しい訳は知らないのですが、こんな意味だったと思います。

私にとっての古い友人とは、

ダンスに夢中で夢を追いかけていた
30年前の私自身でした。

自分自身の中に輝くものをみつけた幸せをかみ締めて
がんばってゆこうと思いました。









関連記事

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

作品集Vol.2

大御所、フランクシナトラの『ニューヨーク・ニューヨーク

ハットでグッとJAZZYに行きましょう!

[広告] VPS



ガラッと趣をかえて米津玄師メランコリーキッチン


[広告] VPS

関連記事

テーマ:ジャズダンスを学ぼう!! - ジャンル:学問・文化・芸術

作品集VOL.1

昨日はウ゛ァレンタインデーということでしたが、

普段と変わらずかりんとうなど食べていたワタクシです。

最近新たな記事の更新がままならず、
過去記事など再掲載でおさぼりぎみ、、、

TwitterやらFacebookの方で読みたい方のためだったのですが

以前からブログを読んでくださっている皆さまごめんなさいでした。o( _ _ )o


さあ、心機一転と行きたいところですが

もうしばらく過去記事まとめになります。悪しからず。

題して『振り付け作品集VOL.1』

なんてコトはない、次回のダンスライブのために振り付け起こしをしたいため、

見返すついでに記事にしてしまおうという魂胆です(笑)

いや~見直したらビックリ!太ってるワタクシ~~。

3kgだけど見た目チョットは変わるものですね!ちょいうれし。


さ~て一発目はこんなの集めました。

[広告] VPS



[広告] VPS



まあまあ新しめの流行り曲ウ゛ァーサス伝説の世界的グループABBA

みんなが知ってる曲は踊っていてとっても楽しいものですね!
関連記事

テーマ:ジャズダンスを学ぼう!! - ジャンル:学問・文化・芸術

簡単なことほど難しい

先日のレッスンで。

重心の移動ができていない生徒さんの腰をつかんで(?!)

『腰から歩く、腰で踊る』感覚を体感してもらうことにしました。

重心がちゃんと片足に乗っていないと次の足が出ないことになり

左右違う足が出てしまったり、後ろに引く足を前に出したりと

間違えてしまいます。

ですので、一つ一つここは右に乗ってから左に移って・・・とか

全員に伝えるのには口で言えばいいのですが

全員が同じように理解しているとは限らないわけです。


そこでいけにえが。

『さっぱりうまくなんなくて、、、私には合ってないんですかね、ダンスムリかも。』とか

おっしゃるAさん。

後ろからワタクシの腰をつかませ、動いてみせる。

反対にワタクシが彼女の腰をつかんで動かしてやる。

どのくらい体重が移動しているか、動きのベクトルがどの方向か

ことこまかに説明し、やらせてみたら

悲鳴、悲鳴、悲鳴!!!


いわく『こんなにきつい動きだったんですか!!!!』

シンプルかつ単純な動きでも

どのくらいのパワーとエネルギーを使い、身体を使うかで変わってくるのです。

順番は覚えて、何気なく手も足も動くけれど

実際には手だけ踊り、足だけ踊りになっていたのですね。

身体で踊る感覚が身についてくると、余計な力が抜け、洗練された動きになります。


ちまたには
かんたん〇〇体操』とか
やさしい〇〇入門』とか星の数ほどの教室も教則本もありますが

『簡単なことほど難しいと腹をくくってくださいませ。

そして、もっとも難しいのは

『簡単・単純なことを飽きずに長く続けること』なのでせう。

自戒をこめて。

ジャズダンサー
関連記事

テーマ:ジャズダンスを学ぼう!! - ジャンル:学問・文化・芸術

ブレンドしてみた。


『運動後の筋肉に良いオイル』をブレンドしてみた。

『レインドロップ』とは違う『オーソイーズ』がなくなり

さて、どうしよう、、、

ヤングリビングのカタログとにらめっこし、

手持ちのオイルをあれこれ吟味し、

レッスン後のだるさや足腰の疲れに

作用してくれそうなオイルを選ぶ。

基本的にはオーソイーズに入っていたもの中心に。

月間プレゼントやらで頂いた『レイブン』が使える!!

ウィンターグリーン、ペパーミント、ユーカリなど入っている。

ウィンターグリーンは、昔からサロン○スなど

湿布薬に入っている成分らしい。匂いが確かにあれだ。

特に現在原料の調達がむずかしいとのことで欠品中。

しかし、ワタクシには必要不可欠との計らいで

贈られてきたとしか思えないグッドタイミングでした。




さあて、何滴ずつ入れたらいいのかな。

ベースオイルが100ミリリットルだから~
えーっとえーっと、、、わからない(゚ω゚?)

まあ、レインドロップマッサージオイルが5滴ずつだから

そんな感じでいいのかな?

ただ『レイブン』はカタログをみるとどちらかといえば

鼻や喉、呼吸器官に良いらしく、香りも軽い。

がっつり筋肉やらにリラクゼーション入れたいので

レイブン…5滴
ペパーミント…3滴
ユーカリ…3滴
バジル…3滴
ローズマリー…3滴

レモングラスはないので代わりにレモン。
10%offに釣られて買ったパチュリー。(サービスに弱いね。)
リラックスのためのラベンダー
それぞれ3滴ずつ入れてみた。


そしたらば、、、

なんだかいい感じ~\(*^▽^*)/

いやいや、よかった。ホント。

貴重なオイル、妙ちきりんな匂いになってしまったら、、

ちょっと不安だったよ、ワタクシ。


スパイシーなレインドロップとはまた違う

爽やかリフレッシュオイルの完成です。
関連記事

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

神聖なるアロマの世界

現在少しずつ勉強しているアロマオイルの世界。

知れば知るほどくすくす笑いが止まらなくなる俄然面白い世界だとわかってきた。


なにしろウチのだんなさんは香りに敏感でハーブや香辛料が大好きな男。

エッセンシャルオイルのページを見ているとこれも、あれも、あらこんなものも?

と、見たり聞いたり食べたことがあり、かつ大好きなものが一杯だ。


ハーブなどの名前を最初に耳にしたのは、私の世代だとアレだ。

サイモン&ガーファンクルの『スカボローフェア』あたりかな?

『パセリ、セージ、ローズマリー&タイム』っていう歌。

あるいはおしゃれブッてカモミールとかローズとかミントとかのハーブティーなんぞ飲んでみたり。


ところが、見つけてしまいましたのです。

イエス・キリストのオイルというものを・・・

幼少のみぎり、教会学校へ通っていたワタクシには身近な聖書の中に出てくるのでした。

当時、意味も分からず、コリント人への手紙だとか福音書だとか読んでいた中で

『乳香とモツ薬』というフレーズがあって

聞くたびに『おいしそうな響きだな~~』と思ったものでした。

そう、香油・エッセンシャルオイルのことだったのですね。



およそ4000年前にもミイラを作るときに用いられたりしてきた香油。

抗菌作用や防腐作用、消臭に使われたわけです。

また、三大美女たるクレオパトラ楊貴妃も美しさを保つため

美肌のためにさまざまなオイルを使ったことでしょう。

男性の場合は精力増強かもしれない。

当時は上流階級の人々にしか許されていなかったオイル

イエス・キリストは貧しい病人やけが人、盲人にも分け与えたのでしょう。

いわば漢方医とか、ホームドクターだったというのが無難な線ではないでしょうか?


魔女裁判にかけられた人々にしても、薬草に詳しく

アロマオイルで傷を癒やしたり、セラピーで困りごとを解決するお助けおばさんたちだったのでしょう。

知識と自然のパワーに為政者たちは恐れおののき弾圧するという

いつの世も変わらない図式が見えてきます。



他にも中世ヨーロッパにおいて流行し、恐怖のどん底に陥れたペスト(黒死病)

その混乱の中、盗みを働いていた盗賊団が居たそうです。

(こういうのいますね。大震災のときも不届きモノがいましたがね。)

とっ捕まえてみたものの、なぜペストにかからず元気に(?)盗みを働いていたのか

不思議に思い白状させたところ、エッセンシャルオイルをブレンドし、身体に塗っていたそうな。


それを聞いたお役人だか裁判官だかが

「そのレシピをよこせば減刑してやる。」とおっしゃったとか。

そんなファンタジーなオイルまであるこの世界、

奥が深いというか歴史が長いというか。


2016020322242879a.jpg




関連記事

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

惹かれ魅かれて引き合った話。

アロマ&ヨガ最終章。

かなりスピリチュアルな話になるので苦手な方はスルーでお願いします。


そもそも、アロマ&ヨガに行こうと思い立ったきっかけは?

以前にやっていたときのヨガが今でもワタクシの健康のバロメーターとして
役に立っていたこと。それを今一度思い出したいと思ったこと。

そして、これはブログで知り合いになった同じジャズダンスのASAKO先生からの

水星の逆行情報からの脱出を試みようと思ったのだった。



これはワタクシも体の不調やら家庭内のいざこざやらなんだかうまくいかないな~~な状況からして
毎回予想していることなのだが、『停滞期』なんだそうだ。

この期間はあらゆる問題が表に出てきてムリしないほうがいい期間。


この地球という星自体が噴火や地震が頻発したのも記憶に新しいでしょう?
地球もワタクシ達人間も浄化を促す期間。


もちろん必要最低限生活するうえで譲れないことまでガマンしたりスルーはできないが
ちょっと一息ついて静かに過ごしてみるとか、心身ともにリラックスして
逆行明けにスパートする体力・気力を充実させる期間にする。


ワタクシもこの期間はかなり深刻に股関節が痛み
『もう踊れないかも』とか『新しいクラス始めたりしていいのかな?』と迷いの期間でもありました。

ワタクシ自身がダンスを続けるために何が必要か考えると
この股関節痛をなんとかしたい。

天然天気予報士並みに低気圧に影響されやすい体質を何とか人並みに
雨にもマケズ、風にもマケズ、雪にも夏の暑さにもマケヌ丈夫な身体を持ちたいと思ったのだ。

ですから、週明け一発目に何か新しい出会いがあるだろう、
身体を緩める方法だけでも試みようと
アロマ&ヨガへ参加したわけなのです。


引き寄せの法則のなせる業かなと思います。

これが早すぎても遅すぎてもうまい具合にコトは運ばなかったのでしょう。


そして、これは嘘みたいなほんとの話なんですが

TAE先生は前日、仙台でアロママッサージをしてきたそうで
その方々というのが86歳のお母様と51歳の娘さん親子。

お母様が左側、娘さんが右側の股関節痛!!!!!

まさに、まさにまさにワタクシとワタクシの母ではありませんか。(左右逆だけど)

ただし、ワタクシはコレを神様とか他人様のお力とは思わない傲慢な性格をしており

すべて『強運の星の下に生まれついたワタクシの力!!』と思うことにしております。

逆行の期間中あんなに悩んだんだもん!!あんなに痛かったんだもん!!

荒れに荒れた後は虹が出るのさ!!






TAEKO SUGAWARA さんによるアロマ&ヨガ

★奥州市まちなか交流館で  
午前10:30~12:00  動きやすい服装で。水持参。
午後7:00~8:30


詳細はフェイスブックでご確認ください。⇒TAEKO SUGAWARA

関連記事

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット

アロマであれまっ!な話。


さてさて昨日の続き。

最後にデンキを消して仰向けに寝ましてね。

目を瞑り、大の字まではいきませんが力を抜いて手のひらを上に。

体重を地面に預けゆっくりと深く呼吸を続けておりました。

TAEさんの静かな声でイメージが伝えられます。

宇宙の果てからキラキラした光が自分に降り注ぐイメージ・・だったかな?

そして、今日これからの自分の未来に思いをはせる、、、

ワタクシの理解では

『アレ片付けなくっちゃ!』とか
『やってしまわなくっちゃ!』という強迫観念的なイメージではなく

『〇〇がたべたいな~~~』とか

『あのお店によってみようかな~~』という

前向きで自分自身が気持ちよくすごすことをイメージするのだと思います。

ソレと同時に『口角を上げる』←ここ重要!テストに出ます(^^)

どうしても痛みをこらえ、ガチガチに固まった身体でいると

顔も固まりがち。

生徒さんには『顔作って!笑って!』なんて言いながら自分自身は怖い顔で見ていたりします。


しばらく呼吸を続けリラックスしていると

TAEさんがコショコショと『痛いのどっちの股関節?左?』

ワタクシもコショコショと『そうです、、、左、、、』

すると最初にワタクシが〝ちょっとニガテかも〟と思ったオイル(だと思う、、間違ってるかも)を

ワタクシの股関節まわりにふわふわと漂わせました。(多分、目瞑ってるからあくまでも気配)

そしてそばに座り込みなんだか寄り添ってくれている(これも気配、あくまでも)

すると。


なんということでしょう!!!

ワタクシの長年痛め続け、凝り続け、収縮し続けていた左半身が

股関節周りからじわじわと暖かくなり、

上下に(頭の方と足の方っていう意味ね、寝てるからね、あくまでも)

伸び始めたではありませんかっ!!!!!

なにか得体の知れない力によって内側からぐわわわぁぁぁぁぁぁ~~~と

〝押し広げられた〟

なんだか恥ずかしい表現だが、たしかに〝押し広げる〟感覚だった。

ワタクシのクビの左側が押し広げられることにより

頭が自然と右側にぐい~~~っと曲がった感覚があった。

そばで見ていたら、そんなおおげさに曲がっていはいないのだろうけど。


もうね、ワタクシね、笑っちゃいましたよ!あんまりびっくりしたから。

ある意味ひとつの『アハ体験しちゃったね。

口をついて出た言葉が

『先生~~~~今何したんですかぁぁぁぁ~~~』

ほんと、何してくれちゃったんだろうと思いましたが

『ううん、何にも。伸びろ~~って気を送っただけ』とおっしゃる。

これもひとつの自然治癒力なのだそう。ワタクシの力なのだ。

オイルを使い、脳をだまし、自分自身で治る力を蘇らせるんだそうな。

すごくよく分かる。すごくすご~~くよくわかる。

長年の痛みにふたをして、重石を何重にも置いて

結界を築き、封印していたものをそろそろと薄皮一枚づつはがして行く。

全部はがれたときの爽快感を思うと

違う人生が待っているのではないかと思うほどの体験なのだった。

そして記事は明日に続く。

20151112212240e8d.jpg

関連記事

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ヨガが良がった話

前々から行きたいと思っていた『アロマヨガ

今月は火曜日開催ということで本日行ってみた。

数十年前にやっていたヨガは阿含宗系のヨガだったような。

ヨガで習った呼吸法や、サバアサナという「瞑想」っていうか、「脱力」っていうか

身体は地球の重力に逆らわず預けたまま、心は宇宙の果てまで舞い上がる、、、

というようなイメージをもつリラックス方法が今もワタクシの助けになっている。

なかなか寝付かれない夜はサバアサナ

おなかの調子が悪いときも、目の前がちらちらして苦しかったり

頭が重いようなときも、鼻から吸って口から吐く。吸った息を倍の時間をかけて吐く。

これでさまざまな不調を回避してきている。


アロマに関してはほとんど知識はない。

ハーブティーが流行ったり、アロマキャンドルが流行ったり

子どもが工作体験会などで作ったり、あるいはテレビで見る情報ぐらい。

寝室にラベンダー、疲れたときにカモミールティー、活力源にレモンとか??

その程度のハンパなものである。




今回のヨガはある意味肩すかしだった。ヨガよりもアロマ中心という感じ。

しかし、これが今のワタクシにドンピシャなものだったと、最後にわかる。

あなおそろしや、、アロマヨガ!!


指導してくださったのは TAEKO SUGAWARA 先生。

まずは持参の水にレモンオイルを一滴。

その水を飲みながらのお話&指導。

デトックス効果が絶大で、途中かわるがわるお手洗いへ・・・

これだけでもびっくりです。

みなさんの状態を聞いて選んでくださったブレンドオイル2種類。

どちらか一方を香りで選んでもいいし、情報で選んでも良いとのこと。

ひとつは女子力アップ(?)のホルモンバランス系に響くオイル。

も一つは身体全体の疲れなどにアプローチするとか。


ワタクシはどちらもちょっと匂いがだめでした。

疲れもなく女子力も高いのか!!

いやいや、今日初めてのもう一人の方もちょっと・・・とおっしゃる。

で、初心者二人にはメンソール系のものを。

これをクンクンかいでみたり、手や足、頭にすり込んだり、、、

うんうん、リラックス効果ありそう。


そして、ヨガのほうはやわらかストレッチ程度の気持ちのいいものでした。

ムリな姿勢やバランス系、宙に浮くとか飛ぶとかじゃなくね。

汗もかかないし、心臓バクバクとかは一切なし。

骨盤の調整やら、ワタクシの股関節&膝の痛みを和らげる動きや予防の動きも教えてもらいました。

一時間半まったりとおしゃべりしたり動いたりした最後にサバアサナ

このときにワタクシに大きな変化がッ!!!!

はぁはぁはぁ、、、今思い出しても笑っちゃうくらいすごいことが起きるのでございます!

続きはまた明日。ふふふ、一晩寝た後の変化も楽しみな今宵です!
関連記事

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット

イマドキ高校の家庭科


高校生の娘の家庭科の課題

『家庭の中の仕事』を手伝うとかなんとか。

去年の内なら掃除だったのだが

学校も始まる頃だったので弁当用の惣菜作りにした。

201602011454313b9.jpg


ほうれん草ごまとおかかあえ

切り干し大根煮付け

青菜の豚肉巻き


最近は便利なもので、すべて同様の小分け冷凍品が売られている。

弁当箱に詰めるだけで見た目も彩りもいいし

食べる頃には解凍されている(らしい)

ワタクシも世話になったことがある。

だがしかし。

ワタクシが自分で弁当を食べる場合できれば入れたくない。

どこでどんな風に作られたかわからんのよね。

自分が食べたくない物を入れるのはさすがにヒドイと思うわ。

なので作ったときにちょっと分けて冷凍しておき、3~5日後にイン-弁当とか

買い出し後にザザッと大量に茹でた青菜で小分け冷凍品作成となる。


娘曰く『高校の家庭科教科書は一人暮らし用バイブル』

といえるほどあらゆる家事や育児、

社会に出たときの金融、クレジット、詐欺、勧誘の落とし穴など

多岐に渡って詳しく書いてあるそうだ。


ありがたい。すごく大事な事だ。

だけど、それはね~娘。

ワタクシ共両親が教えるべき事だよね?


よそのうちがどうか知らないが

まあ割と世の中のことについてさまざま話す機会が多い我が家でも

あなたが巣立つまでにまだまだまだまだ教えにゃならん事だらけだ。

弁当や料理はなんとか出来るから、次は掃除と片付けだ!!!

そしてそれは

お父様に教わりなさい!!(わしゃニガテ)
関連記事

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

昭和と平成をつなぐもの


昭和3年生まれの母と

平成生まれの娘の共通の話題。


かたやオンタイムで話題作を読みまくり、
同じ時代を生きた生き字引き。

文豪

かたや
オリジナルは教科書でちょこっとだけ
友達とまわし読みしたマンガでウケテいる
いまどきのオタク娘。


ふたりで2時間近く、文豪たちについて話し込んでいたのがおもしろい。


そして冬休み。
マンガではない『文豪オリジナル』作品に挑んでいる。


ワタクシも借りて読んでみようか・・・(ホンモノのほう未読ナリ)
関連記事

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

記事紹介

お友達がライウ゛の感想を寄せてくれました。 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=518701038307090&id=100005015949798 同じく自身の身体について深く感じながらお仕事なさってる アロマ&ヨガの先生なので、わかり会える部分が多く、たのしいです。 ダンスについてもピンと来るものがあったらしく、動きの中からいくつか レッスンに取り入れるそうです。 ワタクシもアイソメトリックなど 身体でわかっていたけれどソレがどういう効果があるか、不鮮明だったことを 明確に説明してくださり助かっています。ありがとね!
関連記事

思春期と更年期は同じテンション?



中学の英語の先生は洋楽がすきらしい。
今時洋楽っていわないかな?


『母ちゃん、この歌しってる~~?』と娘1がよこしたのが

スティービーワンダー
『I JUST CALL TO SAY I LOVE YOU』

の歌詞のプリント。
英語とその横に和訳。授業でCDも聴き、歌うらしい。


しってる~~?だと?
それはワタクシの青春だ!ばか!!!

プリントを奪って
家でず~~~っと歌っている。

横で娘1も歌いだす。
父ちゃんに『うるせー!』と怒られている。

スティービーワンダー

先生!次はぜひクイーンで!


ボヘミアンラプソディーとは言いません^^

『I WAS BORN TO LOVE YOU』あるいは

『DON'T STOP ME NOW』でお願いします。
関連記事

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

未来は案外あかるいのかな。

年末年始色々とテレビを見たりブログを読んだり、TwitterやらFacebookやらで様々な記事を読み、
また書き、色んなことを考えた。

天変地異、政情不安、事件事故、社会問題、健康問題エトセトラ。

中でも老人や認知症の特集に発見があった。

『認知症だからすべてわからなくなるわけじゃない』らしい。

◎感情もあり、ぼけたことを悲しんでいる。

◎家族に対して心配をかけていることを済まないと思っている。

◎うまくできないことにいらつき暴れることもある。

◎好きな音楽や趣味に触れる時間があると楽しいしうれしい。表情が明るくなる。


これらは認知症でもなんでもない人たちの行動や考えと何も変わることがない、

というのがワタクシにとっての大発見だった。



認知症患者何百万人とか、予防法だとか、わーわー溢れるニュースに

化かされ、躍らされるところだったわ!

長く生きているうちに身体も脳も機能は当然落ちる。出来ないことが多くなる。

けれど、心はどんどんピュアになるのではないかな。

夫に怒られてしょんぼりしているおばあさんの様子はまるで幼子のようだった。

あるいは、

これまで社会的な地位や名誉、世間体を気にして自分自身に正直に生きてこなかった不満や

鬱積を晴らすために『認知症』という病気を作り出したのかも知れない。

うん、人間の脳も身体もそのくらいやっちゃうよ。もういやだよ、のサイン。



みんなが勝手気ままにやりたいように生きはじめたら収拾がつかないし

社会がうまく回るために法律も国家も必要なんだろう。

だけど

誰もが自分に正直で自然な暮らしを送れる世界になって欲しいものだ。


いやいや、心のもちようで今からだって。


手始めに米寿の母の勘違いや言い間違いを指摘しないようにしよう!

間違えて悔しい、と本人が一番思っているのだろうから。

関連記事

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

2016年 レッスンスケジュールが変わります。

皆様 明けましておめでとうございます。

年末ライヴ以来頭も身体もはじけてしまって

ぐーたらぐーたらしていました(^_^;)

まあ、ダンスの事をまったく考えない時間さえ

糧になる、糧にするイキオイでスタートです!


《1月のスケジュール》

1月からレッスン日が変わります!

木曜日午前10:15~のレッスンは

第1第3木曜日はそのまま変更なし。

第2第4木曜日は午後2時からに変更です。

月曜日夜7:15~のレッスンはそのまま火曜日夜に。


現在頑張っている生徒さんの都合に合わせた格好になりますが

新規入会の方もまだまだ募集中です!


新しい風が吹く予感。

スケジュールが変わることで起こる変化も楽しみです。


関連記事

舞台裏



メイク中にパチリ。

照明があるので化粧もバッチリしようね!と言ってましたが

これこそハッキリ別れる「個人差」

普段人前に出る、とか接するお仕事の方たちは上手にメイクアップできるのですが

農家だったり、自然派すっぴん派はどうすればいいの?ということに。

幸い化粧品のお仕事をしていた方や

社交ダンスの競技会経験者がいたので

自分で出来ない方の

メイクアップはおねがいしました。
関連記事

テーマ:ジャズダンスを学ぼう!! - ジャンル:学問・文化・芸術

夢の途中


久々の更新です。皆様御機嫌いかが。

いづみJAZZDANCEクラスの
クリスマスダンスライヴ無事に終了いたしました。



まあ、初めての取り組みとしては成功でしたね!

もっと出来ること、やりたい事、様々な意見も出たので

すこーしスピードアップして中身の濃いレッスンにしていきたいです。

ただし、家の事、健康のこと、仕事やその他

バランスの良い暮らしを送りつつ、

楽しみましょうね!

世の中バランスが大事だと思います。


では、来年もヨロシクお願いします。


みんないい笑顔(*^^*)
20151228105829d1c.jpg

関連記事

テーマ:ジャズダンスを学ぼう!! - ジャンル:学問・文化・芸術

前世2

昨日の記事、ワタクシの前世について

『昔の舞の人』と言われたのですが

その方はこうもおっしゃった。

『高貴な方々の前で踊ってる。』

実は、これもワタクシがすっぽりと信じたキーワード。


なぜなら、ワタクシは高校生のときに
天皇皇后両陛下(当時は皇太子殿下と妃殿下であらせられました。)に
声をかけていただき、握手までしていただいた経験がある。


数十年前のもちろん昭和時代(^^)
高校生だったワタクシは真っ黒に日焼けしたテニス選手だった。


はじめて県優勝した団体戦メンバー。
インターハイに出場するため、九州のとある県まで遠征。


そのあたりでは由緒正しい大ホテルの新館にとまり、土産店をフラフラしていた。
旧館のほうには皇室関係の方々も泊まっていらっしゃることは知っていたのだが。


急に周りがざわざわしたような、しーんと静まり返ったような
不思議な空気に包まれた。


となりにいたキャプテンと二人、ふっと顔を上げると
通路の向こうからにこやかな両陛下がゆったりと歩いていらっしゃる。


このままではお二人の行く手をさえぎってしまうことになる。
まさかお手打ちにはなるまいが、神々しいお二人と対面などとは
もっての外である。

『逃げなきゃ!!』←ワタクシの心の声


狭い道路で、ブロック塀にへばりつき、つま先ひかれた様な顔で
ショーケースにビタッとくっついたワタクシと違い、
キャプテンは堂々とお二人の前へ歩み出て、でっかい声で


『こんにちわっ!!!!』


ギャー何すんねん、コイツ!←心の声


妃殿下はにこにこと
『あら、どちらからいらっしゃいました?』と声をかけてくださいました。



岩手から来たこと、テニスの選手であることを申し上げると
『まあ、テニス?私たちも明日見に行きますよ。』


(いえ、いえいえ、私たちのは軟式テニスであり、
両陛下が出会い、愛を深めた硬式テニスでは
御座いませんッ、申し訳ありません!)←心の声




『私たちのは軟式なので、会場が違うと思います!』とのキャプテンの返事に
『ああそうですか、しっかりがんばってね。』


ここで、終わるはずだった。しかし、、、
物怖じしないキャプテンの一言にワタクシは心停止しそうだった。

握手してください!!!!』


コイツ、マジか。マジで言ってんのか?←心の声


ワタクシの感覚からしたら、こんなときの対応としては

1、丁寧にお礼を申し上げ
2、フカブカとこうべを垂れ
3、道をあけ、お通りになるまで、こうべを垂れ
4、いつまでもいつまでもお辞儀をする。

感じだと思っていたのに、それなのにそれなのに。



美智子妃殿下は少し困ったようなお顔をされて
隣にいらっしゃる皇太子殿下にお伺いを立てるようなしぐさをなさいました。


そりゃそうだよ!次の天皇になるお方だよ!
失礼千万。穴があったら入りたい!←心の声


皇太子殿下は、やはりにこやかなお顔のまま

『うんうん、ま、いいでしょう。』と言う感じのお顔で
(心停止しているので、そうおっしゃったのか、そう感じただけかハッキリせず)

握手していただいた、、、。ワタクシまで、、、。
良かったのかどうなのか、いまでも分からない。


聞くところによると
園遊会に呼ばれたスター選手や著名人でさえ、握手はなさらないと言う。

強いて誤解を恐れずに言えば、さまざまな災害で被害にあわれた方々を
ご訪問なさったときを除くと、晩餐会などでの国賓クラスのお客様、大使など
ごくごく限られていることが分かる。


ワタクシはやはり、古代、高貴な方々の前で舞っていたのかもしれない。
そして、希望的観測を言えば、愛でられていたのかも知れない。


翌日の大会は一回戦負けだった。だってコーフンして夢見心地だったんだもの。


両殿下が宿泊先ホテルで高校生にお声をかけられた、というニュースが
地元テレビで映ったのかどうか、新聞に載ったのかどうかも、確かめてはいないが、
新聞記者に話を聞かれ、得意げに話したことは覚えてる。(なぜワタクシが?)



ついでに言えば、SPだか宮内庁職員だか秘書だか知らないが
背広の眼鏡のおじさんに
『あまり声をかけないように。』と注意されたのもシッカリ覚えている。
関連記事

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

前世がわかった!?

ワタクシの前世が判明しました。


知り合いの喫茶店のママさんは、『見える人』

先日コーヒーを飲みながらおしゃべりしていたら

急にだまって眉間に指をあて

『・・・あー、ちょっと今見えたのよ、、、うん、そうね、あ~なるほど』

とかナントカつぶやいて、、、

『昔の舞の人でしたね~~ウンウン、、
なんかね、羽衣って言うかベールって言うか、
そういうの頭の上にね、、こうかざしてますねぇ、
生地はちょっとしゃきっとした固めの感じでね。』

ンマッ!!!こんなに詳細に?

羽衣といわれてすぐにイメージしたのは

はごろも

ベールといわれて思い浮かぶのは
やはりバレエジゼル』や『ラ・バヤデール

ジゼル

影の王国

前世でも極めた人だから』と言われたら

やらずばなりますまいっ!!!
関連記事

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。